大人ニキビ

 

10代の頃は、ほとんどニキビに悩むことはありません

10代の頃は、ほとんどニキビに悩むことはありませんでした。…が…35歳を越えた今、いわゆる「大人ニキビ」が頻繁にできるように。原因は、一般的によく言われるストレス、身体機能の衰え、睡眠不足など思い当たることだらけなのですが、中でもテキメン「大人ニキビ」ができる原因だと感じるのは、「食生活の乱れ」と食生活の乱れの結果起こるだろう「腸内環境の悪化」です。

 

私の意味する「食生活の乱れ」を説明すると、ズバリ外食(中食)を頻繁にする。お菓子(とくにスナック菓子)の食べ過ぎです。我が家はまだ子供も小さいため、外食は月に2、3回、スーパーのお惣菜などはほとんど購入しません。それが、忙しくて外食・中食が増えると一気に大人ニキビができはじめます。私が予想する原因は「油」。一般的に外食産業で使われるのは、安価なな食用油。その上、大量に揚げるため劣化も酸化も進んでいます。スナック菓子も同様の理由。ニキビ跡の赤みにもダメです。

 

そして、質の良くない油を大量に体内に取り込んでしまうことで、腸内環境が悪化し、ニキビがドンドンできてしまうのではと自分のでは分析しています。

 

とはいえ、外食は楽しいし、忙しい時はお惣菜も仕方ない。では、そういうとき、自分がどうしているかといえば、まず腸内環境の改善のために「タマちゃんショップ(楽天)」「ちょーぐると」を飲みます。私にはとても合うようで、テキメン肌の調子がよくなります。あと、家で使う油は(化学薬品による抽出ではなく)昔ながらの圧縮搾りの菜種油を使うようにしています。そしてできてしまったニキビは、ミキモト化粧品の「リフレッシュローション」で、一日数回コットンで拭き、常に清潔に保つようにしています。

 

即効性にはかけますが、以上が私の大人ニキビ対策です。

 

お肌のゴールデンタイムに就寝を!

私は、とてもニキビが出来やすい体質です。ニキビが出来ると、ニキビ跡も残ってしまい、本当に困ります。なので、なるべくニキビが出来ないように、日頃から気をつけているのが、就寝時間です。

 

私は、なるべくお肌のゴールデンタイムと言われる時間は、ベットに入っているようにしています。お肌のゴールデンタイムは、夜の10時から深夜2時の間と言われているので、なるべく夜の11時ぐらいには、ベットに入って眠るようにしています。

 

ゴールデンタイムに寝る習慣がつくと、お肌の回復力も早くなります。生活習慣が正されるので、ニキビもすぐ治るのです。お肌に良い事をすれば、必ずお肌はこたえてくれます。質の良い睡眠は、美肌に近づく第一歩だとも言えます。

 

ゴールデンタイムに眠るようになってから、ニキビに悩まされなくなりましたし、お肌のくすみなども解消されました。もし、今ニキビでお困りの方がいたら、お肌を清潔に保つ事も大切ですが、十分な睡眠を取って、お肌の回復力を上げる事も実践する事をおススメします。ニキビ跡のシミって結構消すの大変。

 

保湿化粧水ランキングjp.com
http://xn--jp-eh4am7z5bb2244dfcgf21epjftu1c.com/